お金借りるなら銀行カードローンと消費者金融のどちらがいいの?

お金借りる,銀行,即日

お金借りるなら安心して即日に借りれる会社が良いですよね!!
現在、お金を借りられるサービスは大きく分けて2つあります。

 

1つは低金利と借入限度額が魅力の銀行カードローンであり、
もう1つは即日や無利息といったサービスが充実している消費者金融になります。

 

銀行カードローンも消費者金融にも、どちらもメリット、デメリットがあります。
そのため、お金を借りる時は両者のメリット、デメリットを考慮して
自分に最適なカードローンを選択すると、お得に借りれますし返済も楽になります。

 

銀行カードローンと消費者金融の大きな違い

銀行カードローンと消費者金融には各サービスで金利や借入限度額などの違いはありますが、
一番大きな違いは総量規制が適用されるか否かです。

 

銀行カードローンは銀行法が適用されるので総量規制は対象外になりますが、
消費者金融は総量規制の対象になります。

 

総量規制が適用されると、年収の3分の1以下しか借入できますので注意が必要です。

 

そのため、最初から収入の無い専業主婦の方は、考える年収も無いので消費者金融は利用できなくなります。
専業主婦の方は最初から銀行カードローンを選択した方が良いです。

 

借入審査は銀行カードローンも消費者金融もお金を借りる時には必ず必要になります。
銀行カードローンの方が審査が厳しいとよく聞きますが、決してそんなことはありません。

 

審査基準は銀行カードローンも消費者金融も社内秘であり公開されていませんが、
返済能力がある方にはお金を貸したいのは本音ですので、借入審査の厳しさ自体に大きな違いはありません。

 

しかし、銀行カードローンの方が審査時間は長くなりやすい事実はあります。
なぜなら銀行カードローンの仕組み上、銀行カードローンに申し込みを行うと、
先ずその銀行の保証会社の審査を受ける必要があり、銀行本体の審査と合わせてダブルチェックが必要になります。

 

そのため、銀行カードローンの方が審査時間が長くなりがちではありますが、最近では銀行カードローンでも
即日融資のサービスを展開している銀行もありますので、かなり審査時間は早くなっています。

 

銀行カードローンと消費者金融の選択方法
即日にどうしてもお金を借りたい方は、消費者金融のサービスを利用するのが良いです。
金利をなるべく低くして借りたい方は、銀行カードローンに申し込みをした方が良いです。

お金借りるなら即日お金借りるランキングTOP3

 

プロミスの特徴

プロミスだったら困った時に借りられる!
平日14時過ぎても
ネットで申し込んで、審査通過後に自動契約機に行けば借りられる!
土日祝でも
ネットで申し込んで、審査通過後に自動契約機に行けば借りられる!
瞬フリ(24時間365日クイック振込)も利用可能!
※三井住友銀行またはジャパンネット銀行カードが事前に必要です。
プロミスレディースも女性の方に人気があります!
>>プロミスレディースの詳細はコチラから!

 
 

アコムの特徴

アコムの即日審査
借入審査の回答は、最短30分!!
アコムの即日融資
即日融資は、最短1時間で借入も可能です!!
アコムHPで3項目の入力で簡単借入診断ができます!
今なら30日間金利0円サービスも実施中!
※金利0円サービスはアコムの利用が初めての方に限ります。

 
 

モビットの特徴

モビットの便利な申し込み方法は2種類!
10秒簡易審査
即日審査で即日融資も可能なサービス
※曜日、時間帯によっては振込が翌日になる場合もあります。
WEB完結申込
職場電話連絡無し!自宅郵便物無し!秘密重視のサービス
※WEB完結申込の利用には三井住友銀行まとは三菱東京UFJ銀行の口座が必要

 

お金借りるときに重要な個人信用情報の取り扱いとは

お金借りる,銀行,即日

消費者金融や銀行でお金を借り入れる時に重要になってくるのが個人信用情報です。

 

これは金融会社側が借り入れ申請者を審査する段階で、その人物が融資を行うに
値するだけの信用を有しているかどうかを見定めるための根拠となるものです。

 

個人信用情報のデータは、内閣総理大臣によって指定された
指定信用情報機関制度に準じた指定信用情報機関にてデータ管理されています。

 

個人信用情報と指定信用情報機関制度

この指定信用情報機関制度は、消費者の多重債務問題を解決するために創設されたものです。

 

指定信用情報機関には主に申請者の過去の借り入れ履歴や、現在の借り入れ総額などが記録されています。

 

これらの個人信用情報を調べると、申請者が過去に返済が滞ったり、あるいは返済不能に陥って
自己破産を起こしたりした履歴がすぐに判明できるデータベースになっています。

 

そのため、指定信用情報機関制度に加盟している金融機関でしたら、申し込みをされた人物が
信用に値する人かどうかをすぐに判断できるようになっています。

 

さらに個人信用情報データでは、現在他社からの借り入れ金額等も判明するので、
総量規制に達していないかどうかもすぐに調べることが可能です。

 

こういった個人信用情報にて問題がない場合に限り、審査通過をして融資を受けることができるようになります。


お金借りるときに重要な上限金利の引き下げとは

お金借りる,銀行,即日

民法では、”契約自由の原則”(または私的自治の原則)という原則があり、
個人は自分の意思で契約をする自由が認められています。

 

ただし、原則には例外があり、債権者と債務者のように立場の優劣がある場合に、
強い立場で契約を強制することがないように、債務者保護のために貸金業法と、
利息制限法出資法という法律があります。

 

以前は貸金業法では、利息制限法の上限金利を債権額によって15%から20%とする一方で、
債務者の同意など一定の条件で出資法の上限金利29.2%までを違法で無いとしていました。
これをグレーゾーン金利といっていました。

 

お金が必要な債務者は、基本的に債権者の条件に従わざるを得ないため、
グレーゾーン金利撤廃のためには賃金業法改正が不可欠でした。

 

貸金業者が、債務者の同意を得て、グレーゾーン金利を常態化して社会問題となっていたため、
グレーゾーン金利撤廃のための賃金業法改正が平成22年6月に施行されました。

 

上限金利引き下げによるグレーゾーン撤廃の詳細は「日本賃金業協会が参考になります。

 

お金借りるなら|即日にお金借りるランキングTOP3


専業主婦がお金借りるならカードローンの限度額はいくらまでなの?

お金借りる,銀行,即日

専業主婦専用のカードローンがあります。

普通のカードローンを専業主婦では、組むことができませんが、
やはり、普通のカードローンの場合、仕事をしていることが前提となってしまっているからです。

そこで、専業主婦専用のカードローンがあります。

限度額は普通のカードローンに比べて低く設定されています。
1回の限度額は多くても50万程度となってます。

また、仕事をしていないことを前提にお金を借りることになるので、利息が高くなってしまいますが、
月々の支払は他のカードローンに比べて比較的安価な設定になっています。

少額の借り入れであれば、月1000円程度から多くても5000円程度の返済となっています。

そのため、無理することなくやりくりできる範囲での返済が可能となっているのが
専業主婦専用カードローンの特徴ともいえます。

しかし、借りた額によって変動すること、さらに普通よりも限度額が低く設定されていることから、
少し借りて少しずつ返済をしていくということがメインとなります。

そのため、普段では借りることができない専業主婦でもお金を借りることができる、
さらに家計を圧迫しない程度の負担で返済をしていくことができるということから利用している人も多くいます。

専業主婦専用のカードローンでしたらフリーローンが参考になります。

レディースローンでお金借りるならどうすれば良い?

お金借りる,銀行,即日

女性が即日お金借りる方法としては、通常のキャッシング以外にレディースローンがあります。

初めてのキャッシングで、消費者金融のお店に入ったときに、男性スタッフばかりだと緊張する女性が多いです。

しかし、レディースローンの場合は、店内に女性スタッフしか存在しないので安心して利用することが出来ます。

わからないことがあればその場で相談に応じてくれます。
電話でも丁寧な対応をしてくれるので、女性がキャッシングをするときは選ぶようにしましょう。

レディースローンの即日融資
また、レディースローンの中には、即日お金を借りることが可能なスピード審査対応のところもあります。
今すぐお金が欲しいというときは便利です。

銀行や信用金庫などの銀行系は、申し込み後の審査に時間がかかるため即日お金借りることが出来ないところが多いです。

しかし、レディースローンは大抵、即日融資が出来るので、OLはもちろん、主婦や学生の方が急いでお金が必要になったときは助かります。

レディースローンの利用には担保や保証人は不要ですし、少額融資の場合は収入証明書の提出も必要ありません。

直接店頭に行ったり、自動契約機を使ったり、電話やインターネットからでも申し込めるので、
キャッシングをしたいときは、どれでも好きな方法で始めるようにしましょう。

レディースローンでお金借りるが参考になります。

[お金借りるなら即日お金借りるランキングTOP3]関連情報

[お金借りるなら即日お金借りるランキングTOP3]関連情報